記事一覧

バタフライピーのお話

2010年より日本での販売を開始した *ラミンティー日本では馴染みの無いいくつかのハーブティー商品の中で、特にインパクトが強いのがインクのような青色に発色する「*バタフライピー Butterfly Pea」ルーツはインドの伝承医学アーユルヴェーダにおける薬草(根・種・葉)として、長い歴史を持つ植物です。安定性に優れた青い花弁の色素は、タイなど東南アジアの国々で主に食用着色剤として伝統的に利用されてきました。当時は "バ...

続きを読む

バタフライピー(蝶豆 ・ アンチャン) とは?

【バタフライピー Butterfly Pea】とは?学名:Clitoria ternatea クリトリア・テルナテアFabaceae 豆科 Clitoria クリトリア属の蔓(つる)性植物赤道付近の熱帯アジア原産で、後にアフリカ、オーストラリア、アメリカなどで栽培されるようになりました。熱帯気候地域や温室では年間を通して花を咲かせる多年生ですが、耐寒性が無いため日本のような気候では暑い夏だけ花を楽しむことができる一年草として扱われています。代表的な...

続きを読む

バタフライピー(蝶豆 ・ アンチャン) ハーブティー

学名では「Clitoria ternatea クリトリア・テルナテア」というButterfly Pea(バタフライ・ピー) は、赤道付近の熱帯アジア原産マメ科の蔓(つる)性植物。タイ名は「アンチャン」 和名では「蝶豆」(英語名の直訳) と呼ばれています。熱帯気候の地域や温室では年間を通してキレイな花を咲かせる多年生ですが、耐寒性が無いため日本のような地域では暑い夏だけ花を楽しむことができる一年草として扱われています。白、またはピンク...

続きを読む

プロフィール

ナムチャ・チェンマイ

Author:ナムチャ・チェンマイ
by mft Co., Ltd.
タイ北部原産茶葉・ハーブ&ハーバルティー専門
タイ産ハーブティー原料調達・輸入卸

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

無断複製使用禁止

【当ブログ内掲載内容の無断複製使用を固く禁止します】 管理者の許諾を得ず当サイト内に掲載している全ての画像や文章などの情報を複製・転載し流用する行為は著作権侵害にあたります。